5/4 ひとりでふたりのビッグショー! 荒井寿彦 vs 神楽坂清三郎@原宿クロコダイルは、賑わいの中終了しました。

5月2日の忌野清志郎さんの命日の頃、トリビュートライブを開催してきた神楽坂清三郎。
昨年末、本名「荒井寿彦」で初のオリジナルソロアルバムをリリースしたことから、
今回のイベントタイトルは、「ひとりでふたりのビッグショー! 荒井寿彦 vs 神楽坂清三郎」となりました。

まずは、ご来場いただいたおひとりおひとりの皆様に、深く感謝致します。
連休の中日、お忙しいところをご来場いただき、誠にありがとうございました。
また、毎回長丁場の同ライブに最後までお付き合いいただき、温かいご声援をいただき、
皆様のお気持ちに後押しされてのライブであることに、メンバー一同、感謝の念に堪えません。

ライブは3部構成。
1部は荒井寿彦バンド。デビューアルバム「上を向いて走ろう!」収録曲から。
ライブならではのアレンジによる、ライブパフォーマンスとなりました。

2部は、メンバーが揃っての初めてのライブとなったテクノユニットAREIA DOLLS。
加入直後のヴィオラのmomokaは、クラシックオーケストラ出身。
自分の音がスピーカーを通して聞こえてくる、という状況にとまどいつつも、
テナーサックスのSaoriと力をあわせての初演奏となりました。
たくさんの応援団も駆けつけてくださり、手作りの応援うちわやサイリウムライトが揺れ、
温かい声援に囲まれたデビューライブとなりました。

3部は、真打ちである神楽坂清三郎 and his friends
女性ふたりのサックスと男性ひとりのトランペットによる「壽ホーンズ」をフィーチュアーし、
安定のバンドと、ふたりのコーラスによる華やかで豊かな演奏でした。
天国の清志郎さんに届いたはず!!

当日の模様は、既にフェイスブック、Twitter、インスタグラムといったメディアで数多くの写真や紹介文が
公開されています。
あわせてご覧くださいませ。

ありがとうございました。

本記事における写真撮影は、イシさんことKazuhiro Ishiharaさんです。いつもありがとうございます。

セットリスト
-荒井寿彦バンド-
荒井寿彦(Vo&AcGt)
稲留春雄(EG) 三浦鯉登(Key) 村上功(E.Bass) 鈴木常弘(Dr) Maysico(Sax)
クボフミト(Cho) Emi(Cho)

アルバム「上を向いて走ろう!」より
1.アフリカンシーケンス
2. はじまりの日
3. ねえ、ボス!
4. Vetty’s Key(来日記念:少しだけサンタナバージョン)
5. ヴィンテージ・ブルース
6. 君の星座
7. パープル・サンセット
8. 上を向いて走ろう!

-AREIA DOLLS-
Saori(Tenor Sax) Momoka(Viola) 
Support 稲留春雄(EG) Maysico(Sax)

1. I can’t give you anything but my love
2. Do re me fa Dolls(Original)
3. Kokeshi-Zake(こけし酒)(Original)
4. 天国と地獄 7/8拍子
5. Reimei(Original)
6. Believe
7. YMO Medley Tonpu(東風)
8. Rydeen(雷神)

-神楽坂清三郎 and his friends-
神楽坂清三郎(Vo&AcGt) 
稲留春雄(EG) 三浦鯉登(Key) 村上功(E.Bass) 鈴木常弘(Dr)
クボフミト(Cho)
壽ホーンズ 緒方美保(Alto Sax,Cho) 柳津雅子(Tenor Sax,Cho) 横倉典(Trumpet,Cho)

1. Opening
2. どかどかうるさいR&Rバンド
3. ブン・ブン・ブン
4. ラプソディ
5. SUMMER TOUR
6. 空がまた暗くなる
7. 帰れない二人
8. Oh! Baby
9. スローバラード
10. 雨上がりの夜空に
11. 上を向いて歩こう
12. 雑踏

グランドフィナーレ
荒井バンド曲] はじまりの日、全員Ver

Share:
© 2013-2020 AREIA MUSIC