Maysicoが綴り続けるブログ「今夜も力うどん」素(す)

2006/11/10

昨夜、この10年近くお世話になっているヘアサロンの20周年記念&
新店舗お披露目を兼ねたパーティに出席させて頂きました。

友人の紹介でずっと通っています。

私がこのお店を気に入っているのは、天井が高く陽がサンサンを入る明るい店内、
元気なスタッフ、もちろん担当スタイリストさんのウデの良さなどなど。
この10年の間、お店からどんどん遠くなっていく引越しをしている私にとっては
かなりの長距離通勤なのですが、
何よりスタッフ相手に、マシンガントークを炸裂させてリラックスできる場所です。
こんなにしゃべる客は私以外いないでしょう。
みんないつもありがとね。

このお店の社長-(もちろんスタイリストです。)は鹿児島出身の方で
その影響もあってスタッフにも九州出身の方が多く、
博多出身の私には文句なし、の雰囲気。

しかし、私はこの社長さんとはほとんどお話をする機会がなかったのです。
はたから見る社長さんは、
パツキン(金髪)で
入ってくるだけでタダモノではないとわかってしまうオーラを持ち、
いつもにこやかな分、厳しい方なのかなあ

そんなイメージでした。

パーティは、キーボードとサックスのデュオ演奏が入り、
スタッフ全員が、黒白の衣装でDressed Upし、
大変気の利いた飲み物とおつまみをServeしてくれる、
楽しくおしゃれなものでした。

パーティ中盤、社長がスピーチをすることになりました。

”どんな気の利いたことをおっしゃるのかな”
と思いきや、
拍子抜けするほどの素朴さ。
お世辞にも上手とはいえない(ごめんなさい!)
まとまらない(これまた失礼)
目をつぶってきいていると、
田舎のオジサンが慣れないスピーチを一生懸命やっている、
そんな感じなのです。
誠に失礼!!!

美容界ではカリスマのひとりでしょ。天下のセンセーですよ。

でも私、これを聞いたとき思いました。
ああ、いい社長だなって。

いつも感じるのはこのヘアサロン、ものすごい団結力なのです。
みんなが仕事を楽しいと楽しそうに言い、実際楽しんでいて、
この会社(サロン)を心から誇りに思っているのがよくわかるのです。
だからこちらもとても楽しい気持ちになるし、
ホントはニガテな若い人たちとの交流が、ここでは私の楽しみのひとつ、
でもあるのです。
みんな仕事好きなんだもん。

きっと社長は、スタッフにとって
すごい、偉大、かっこいい、尊敬するだけの存在ではなく、
素(す)をイイ感じでいっている良きセンパイなんだろうなあと思います。

チームはリーダーの力は、やはり、大きいですね。

20年前に6人のスタッフで立ち上げたこのサロン、
現在は約150名のスタッフが働いているそうです。
スバラシイ。

ちなみに地方限定ネタですが、ここで話のネタで出てきて
食べたくてしょうがないのが
佐賀錦 と
長崎物語

知っている人いるかな~食べたいよ~

Share:
© 2013-2020 AREIA MUSIC