主従逆転なく、2本立て 其の1  ~Blog 今夜も力うどん by Maysico since2006~

練習って、皆さんどうしていますか?
今できないことをできるようになりたいな、なろう!ってことで、繰り返し取り組むことを練習って言うのですよね。
そういった「頑張れ!」体育会系の行為です。
また、じゃぱ~ん(日本)では、練習対象となっている一連の事象についての完成度を求められるニュアンスが強いです。

さて、一連の事象を行うにはガソリンが必要です。
これが例えば、サックスにおいては息量というガソリンです。
生霊、じゃないです。バケて出ないでね。
ガソリンも、一瞬供給じゃダメだから、長時間安定供給が望ましい。
そのためにロングトーンって練習をやったりします。
ロングトーンの代表形式は、一つの音を長く伸ばすこと。
これは、やればやるほどそして継続することでメキメキ効果が現れます。

肝心の一連の事象について。
これは、指をたくさん動かしたりいろいろな音を行き来したりします。
運動量が増えるのだから、それを支えるにはその運動量に必要なガソリン量も比例します。
この場合、主は一連の事象、従はガソリンだと思うでしょう?
いえいえ、ガソリンを供給できることの方が基本で必須です。
だから私はこちらが主で、一連の事象が従だと思います。
主がど~んといてくれてこそです。

練習の課程において、この主従関係が逆転したままでは、つらくなってしまうのではないでしょうか?
ただ、世の中に才能の差というのは常にありまして、逆転しようがどうしようが、何の問題もない方々もたくさんいます。

練習に取り組むとき、自分の今の状態をより良く生かして、
同じ一連の事象への取り組みは、千差万別であったほうがいい。
つまり必ずカスタマイズが必要だって思うのです。
次回に続く!!

Share:
© 2013-2020 AREIA MUSIC