作っていくこと

明けましておめでとうございます。
アレイアミュージック代表の河口実知子です。

年頭のご挨拶に、私が10年以上書いているブログから文章を掲載させてください。

2015年。私にとっては誕生から半世紀を迎える今年です。
やはり少し区切りと言うか、何かをやり遂げてみたいという気持ちは強くなりました。
非力ながら音楽とも30年以上関わってくることができました。
そんな中で、オリジナルの曲を演奏することも多いですが、
誰かが作った曲をカバーすることもとても多いです。

思えばこの世にカバー曲もオリジナル曲もありません。
誰かが作ったという点において、全ての曲がオリジナル曲です。
その作者が自分である場合が自分のオリジナルというだけ。

演奏するときは、最初にやった人の演奏を徹底的に聴くことはとても大事なことです。
楽器や歌の技術を磨くことにおいても、
様々なものを聴き、 時には徹底的にコピーをすることはとてもとても大事なです。。
全てはコピーから始まるのですから。

ここからは自分の実力を網棚に上げまくって書くわけなのですが…
しかし同時に何より大切にしなくてはいけないのは作っていく気概だとも思います。
オリジナルを越えていこうという気概。
先駆者は常に捨石というではありませんか。

昨日の往路の箱根駅伝であの大天才「山の神」「絶対に超えられないだろう」と言われた柏原竜二さんの記録が、青山学院の新鋭にあっさり更新されました!

音楽が芸術がますます厳しいと言われる時代、向かっていく気持ちを忘れないようにしたい、というのが今年の新たな気持ちです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

Share:
© 2013-2020 AREIA MUSIC